静電植毛ブラシとは

糸を0.5mm-3mmにカットした短パイルをシャフト、シート等の基材に植毛したブラシです。短パイルを電界により植毛し、接着剤により基材に固定します。生地ブラシと同様に電気抵抗の制御性・安定性に優れていながら低コスト化、小径・省スペース化が可能なブラシです。

材料:ナイロン、ポリエステル
繊維太さ:0.5d~
毛足長さ:0.5mm~3mm
電気特性:絶縁、導電性(制御可能)
形状:ローラー、シート、チューブ

静電植毛ブラシのイメージ画像 静電植毛のプロセス

1静電植毛ブラシとは

静電植毛ブラシは、小径、均一性、コストに特長があります。
この特長を活かして
1)狭いスペースにブラシを搭載したい場合
2)ノイズ要因になる『巻き目』を無くしたい場合
3)従来の生地ブラシよりもコストを抑えたい場合
等の場面で活用いただけます。

ブラシ比較

2東英産業製植毛ブラシの特徴

東英産業の静電植毛ブラシは導電特性だけでなく、抜け毛への耐久性、パイル密度の安定性にも優れています。これらの特長により、非常に高い品質が必要になる電子写真装置用部品として多くの製品をご採用頂いております。

パイル抜け毛量比較と、パイル密度制御比較

3静電植毛ブラシと生地ブラシの生産工程の違いによるメリット

生産工程の比較

静電植毛ブラシは従来の生地ブラシに比べ、工程が短く、ほとんどの工程を自動化で対応します。
製造リードタイムの短縮に加え、材料の無駄や工数が少なくすむため、コストパフォーマンスの良い製品です。

4静電植毛ブラシ活用例

帯電ブラシ イメージ画像

帯電ブラシ

帯電ゴムロールでは難しいクリーナレス方式が可能で、部品点数の少ないプロセス設計に貢献できます。また、従来生地ブラシの課題であった『巻き目』による画像ノイズの発生がありません。
φ10以下の小径化も可能で、コンパクト・低コストなプロセス設計に最適です。

帯電RCLブラシ イメージ画像

帯電RCLブラシ

帯電ゴムロールのクリーニング用途にご使用頂けます。小径化により狭いスペースでも搭載可能です。電圧をかけずトルクも抑えた簡易なシステムで、トナーや外添剤が除去できます。帯電RCLブラシは帯電プロセスの長寿命化に貢献できます。

シート植毛ブラシ イメージ画像

シート植毛ブラシ

ポリエステルフィルム上に植毛したシート状のブラシです。導電性を持ち電圧印加も可能です。ロールブラシより更に少ないスペースで帯電、除電、クリーニング等の様々な機能を発揮します。

Copyright (c) TOEI All right reserved.